CARE INSURANCE
介護保険制度

手を繋いで歩く家族の風景

日本の高齢社会を支える安心の制度

介護保険制度は、介護が必要になった高齢者に対して社会全体で支える仕組みが介護保険制度です。
40歳以上になると国民全員が加入し、保険料を支払います。
この介護保険制度によって介護が必要な高齢者は介護保険の給付を受けたり、介護サービス等を利用することが可能になります。

介護保険サービスを利用できる方

第1号被保険者(65歳以上の方)
介護や支援が必要になった65歳以上の方
第2号被保険者(40歳~64歳までの方)
16種類の特定疾病の診断が出て、介護が必要になった40歳~64歳までの方

ケアプラン作成からサービスの利用まで

①申請
市区町村の窓口である介護保険課に申請します。
②意見書の取り寄せ
主治医(市区町村の担当)が作成する病気や症状などをまとめた意見書を取り寄せます。 OKサインを出す主治医
③訪問調査
調査員が患者さんの心身の状態を聴きとるため自宅などに訪問します。
ご家族及び患者さんは生活の状態や身体の状態を説明します。 聞き取りをする調査員
④審査認定
訪問調査の内容と主治医の意見書を元に要介護度が決定されます。
⑤介護保険サービスの利用
認定された要介護度に応じて、どのようなサービスが受けられるかをケアマネージャーに相談し、その後ケアプランを作成し、サービスを利用します。 ケアプランを作成するケアマネージャー

ケアプランからサービスを受けるまで

①ケアプランの作成
介護(介護予防)サービスを実際利用するには介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要です。「要支援1」「要支援2」の介護予防サービス計画書(ケアプラン)は地域包括支援センターに相談し、「要介護1」以上の介護サービス計画書は介護支援専門員であるケアマネジャーに居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼します。ケアマネージャーは依頼を受けたら、どのサービスをどう利用するか、本人やご家族の希望、心身の状態を充分考慮して介護サービス計画書を作成していきます。
※ 「要介護1」以上:居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)
※ 「要支援1」「要支援2」:地域包括支援センター
②在宅での面接
状態を把握をするために在宅での面接を行います。
③ケアプランの原案作成と会議
ケアプランの原案をもとに利用者、家族、サービス担当者を含めた会議を行います。
④ケアプランの交付
利用者の同意をえた上で交付を行います。

サービス内容

居宅サービス
訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問入浴介護、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所介護、福祉用具貸与、福祉用具販売、住宅改修、その他
施設サービス
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設(老人保健施設)、介護医療型医療施設(療養型病床群等)
地域密着型サービス
夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、その他
笑顔の女性ケアマネージャー

介護保険サービスのご利用について

  • 介護保険制度について詳しく知りたい
  • 利用するための費用を知りたい
  • いつからサービスを利用できるか知りたい

実際に介護をはじめることになり、わからないことが山積みで戸惑う方は非常に多いです。
そんな不安や疑問を解消するために、初期段階である介護保険の申請方法、介護サービスにかかる費用、利用できるサービス内容についてなど、分かりやすく当社スタッフがご案内いたします。